OSのインストールが終了したところで、続いて設定。

 

1.ネットワークに接続されていないため接続設定をする。

メニューバーのシステム→設定→ネットワーク接続 を選択。

system eth0を選択して編集。

「自動接続する」にチェックをして「適用」で終わり。

 

2.システムファイルやインストールしたデータのアップデートを行う。

デスクトップ上を右クリック→端末の中に開く を選択してコンソール画面を表示。

yum -y updateコマンドを実行しアップデートする。(-yオプションは確認をすべてYESで実行を指定する)。

 

3.必要なパッケージのインストール

yum -y install unzip java tomcat6 tomcat6-webapps

上記のコマンドでjavaとtomcat、ついでにzip解凍用パッケージのインストール。

jdkはダウンロードしてきてください。

今回動作させるwebアプリのjdkのバージョンが1.6なので「jdk-6u33-linux-x64.bin」をダウンロード。

ダウンロード後はchmodで権限を指定。

ディレクトリ名/jdk-6u33-linux-x64.bin で解凍されるので、解凍後のjdkディレクトリを/usr/java/にmvコマンドで移動すること。

※:chmodやmvコマンドで何を入力すればいいかは調べてね。

最後にpgAdminをインストール。

pgAdmin単品が見つけられなかったので、PostgreSQLをインストールするついでに入れることに。

サイトからPostgreSQL 9.1.4-64bit版のインストーラーをダウンロード、同じくこれもchmodで権限の設定。

ディレクトリ名/ファイル名でインストーラーが立ち上がるので、インストールをするだけ。

 

TOMCATの設定やらPostgreSQLの設定やらは後編に続きます。

Leave a Reply

*