今回はOracle11gR2をインストールします。

 

まずは実行に必要なパッケージをyumコマンドでインストールを行います。(rootユーザー)
compat-libstdc++-33
elfutils-libelf-devel
elfutils-libelf-devel-static
libaio-devel
sysstat
unixODBC unixODBC-devel
gcc
gcc-c++

 

グループとユーザーの作成。(rootユーザー)
groupadd oinstall
groupadd dba
useradd -g oinstall -G dba oracle
passwd oracle

 

kernelパラメータの設定。(rootユーザー)
/etc/sysctl.confファイルの修正として、以下を末尾に追加。
kernel.sem = 250 32000 100 128
fs.file-max = 6815744
net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
net.core.rmem_default = 262144
net.core.rmem_max = 4194304
net.core.wmem_default = 262144
net.core.wmem_max = 1048576
fs.aio-max-nr = 1048576

 

変更したsysctl.confを有効化。
sysctl -p

 

/etc/security/limits.confファイルの修正として以下を末尾に追加。(rootユーザー)
oracle soft nproc 2047
oracle hard nproc 16384
oracle soft nofile 1024
oracle hard nofile 65536

 

/etc/profileファイルの修正として以下を末尾に追加。(rootユーザー)
if [ $USER = “oracle” ]; then
if [ $SHELL = “/bin/ksh” ]; then
ulimit -p 16384
ulimit -n 65536
else
ulimit -u 16384 -n 65536
fi
umask 022
fi

 

ORACLE_BASEディレクトリの作成。(rootユーザー)

mkdir -p /opt/oracle/app

chown -R oracle:oinstall /opt/oracle

chmod -R 775 /opt/oracle/app

 

データファイルディレクトリとリカバリファイルディレクトリの作成。(rootユーザー)

mkdir /opt/oracle/oradata

chown oracle:oinstall /opt/oracle/oradata

chmod 775 /opt/oracle/oradata

mkdir /opt/oracle/flash_recovery_area

chown oracle:oinstall /opt/oracle/flash_recovery_area

chmod 775 /opt/oracle/flash_recovery_area

 

oracleユーザーの環境設定。(oracleユーザー)

~/.bash_profileファイルの修正として末尾に以下を追加します。

export ORACLE_BASE=/opt/oracle/app

 

現在のターミナルでもこの設定を有効にします。

. ~/.bash_profile

 

Oracleのページから11gR2の64bit版を落とす。(oracleユーザー)
二つに分割されてるので、両方落とすのを忘れないように。

 

ダウンロードファイルをunzipコマンドで解凍。(oracleユーザー)

また、mvコマンドでパスに全角文字が含まれていない場所にディレクトリを移動。

 

runInstallerを起動。(oracleユーザー)

 

これでインストーラーが起動するが、日本語と思わしき文字が□で文字化けするはず。

文字化けした場合は一度閉じ、export LANG=Cコマンドを実行し再度起動。

そうすればインストーラーが英語表記になるので、インストール設定に進む。

Leave a Reply

*